無料ブログはココログ

文化・芸術

A Passage Point!

富士市の市民ミュージカル公演

「A Passage Point!」を見に行きました。

主役を演じる みほさんは、ダンスの先生!なのです。

また、他にも、キャストの中に、バレエの仲間が出演していて

みなさん!!かっこよかった~

今回は、大人チームは男装での登場heart04

友人のみきちゃんとのツーショット。

Photo_2

女性が男装して、会社を経営して成功するお話なんだけど、

タイトルの A Passage Point って

とても素敵なコトバだなぁ、っとかんじさせる

笑いと感動ありのミュージカルでした。

中高生の若々しい演技からもパワーをいただきましたflair

横井照子美術館 ミュージアムコンサート♪

Pa0_0001

富士市にある「横井照子 富士美術館」で

友人の もりちゃんと オーボエの御宿先生 ピアノの石橋さんのトリオ「花音」の

ミュージアムコンサートがありました。

日本の名曲の数々が、しっとりと奏でられ

深まる秋にぴったり。

癒しの時間をいただきましたchair

なんとプログラムが、横井照子さんの作品カードが表紙で

とっても贅沢なつくり。

私好みの絵の数々で、

原色を使った抽象的な風景画や静物画がすきなんです

こちらも楽しませていただきました

美術館は土日オープンだそうで、またゆっくり行きたいです。

ミュージカル「ピンクとヒマワリ」

いつも「やきそば娘」を元気に踊っている

富士宮楽器のじゅにあミュージカルコースの仲間達の

ミュージカル公演が3/1(土)17:00開場17:30開演で行われます

今回は、友情をテーマにした、冒険活劇です。

環境をテーマにした、あの、「魔法のプラネット」から早2年

フレッシュメンバーでの頑張りを是非ご覧ください♪

入場は無料ですが 整理券が必要です。

お問い合わせは 0544-24-0251 富士宮楽器まで!

サーカスだよ~ワクワク!!

今日、JR東海道線 原駅の南側に

キグレサーカス テント発見!!

更地の状態から

建物準備の様子は見てましたが

いつの間に!できてました^3^

200711phtoto_3 この縞模様が、ワクワク~

サーカスって、実は生を見たことがないので

絶対いきます~

こんなに近くで、しかも

思ったより安い価格でみれるなんて!

11/3 明日OPENです。

http://www.at-s.com/bin/even/EVEN0030.asp?event_no_i=M562521959

ワクワク~♪

楽しみな建長寺ライブ♪

爽やかな秋晴れが続いてますネ(^@^)

毎日、富士山と空と雲の刻々と変わるコラボレーションを

楽しんでいます~~なんて贅沢!

さて、11/18の建長寺のイベント詳細が掲載されてました

http://kitakamayu.exblog.jp/7192083/

クレシェは山ちゃんこと元シャープファイブギタリストの山内英正さんの

ステージの一部分に出させていただきます(^3^)

団塊プロジェクト という

非常にパワフルな方たちに沢山会えることでしょう。

オリジナルソングを建長寺で歌えたら♪嬉しいなぁ。

楽しみです♪

元気になるコトバ(♪^@^♪)

母に頼まれ探した母校漕艇部のサイトで、

思いがけず

元気になるものみつけましたので

載せちゃいます~

「ウォルター・D・ウィントル」という、

アラバマ大学のアメフト部の名監督のコトバだそうです。

「すべては心次第」

もし負けると考えたら、負けるだろう。
もし挑戦しないと考えたら、できないだろう。
もし勝ちたかったら、しかし、
勝てると考えるな。
求めなければ、勝利は絶対につかめない。

もし負けるかもしれないと考えたら、負ける。
この世の中では、成功は人の意思から始まる。
すべては、心の持ち方次第

一回のプレーも行わずに、沢山の試合が敗れ去った。
仕事が始まる前に、沢山の臆病者が失敗した。

大きく考えたら、行動も大きくなる。
小さく考えたら、それを超えられない。
出来るし、やれると考えろ。
すべては心次第である。

もし、凌げると考えるなら、そうなる。
目標を高く持て。
栄光を得る前に、自信を持て。
人生での闘いは、すべて最強最速の人が勝つのではない。
しかし、遅かれ早かれ、
出来ると信じている人は勝利を握る。

改めてコトバで読むと

納得して元気になります。

更に、声に出して音読すると、

よりパワフルになるでしょう。

そして、即実行ですね。

サントリーホールのCRESC.

2007年4月1日(日)

春休み最後の日曜日は最高のお花見日和

吉祥寺での用事を終えてダッシュ!

サントリーホールの最終イベント時間にぎりぎり間に合いました。

ホールの顔である、パイプオルガンの生演奏

5898本のパイプが響き渡り感動でした♪

曲はおなじみ J.S.Bachの「トッカータとフーガ二短調」

そして、ヴィドール作曲 オルガン交響曲第3番から第3楽章「行進曲風」

トッカータとフーガはなじみの曲ですが生は初めてでした

オルガン交響曲は私の耳があってれば嬰へ長調

シャープいっぱいの春らしいきらびやかな曲ですばらしかったです

パイプオルガンほど大きな楽器ってないんじゃないかなと思いつつ

感動で聴いてました~

その後は間近でオルガン見学

なななーんんと CRESC.発見!

Img_0202更に感動倍増です。

音楽記号のcresc.は通常小文字なので

CRESC.の表記はありえないと思っていたら

サントリーホールのど真ん中でお目にかかりました♪

Img_0200_1_1パイプオルガンは4段

CRESC.はこのオルガンの右下部分です

六本木一丁目 南北線も始めて乗りました

お洒落な食事までは出来なかったけど

満足の東京の春でした♪

4/1のサントリーホールはおもしろい♪

初めてサントリーホールに行ったのは14年前。

ピアニストの小山実稚恵さんの演奏会でした。

ちょうど、桜が散る季節

初めて六本木の坂道をテレ朝を横目に意気揚々と下り

行きはよいよい帰りは最悪(--;)

まぁ、色々ありました(^^;)

それ以来、いってないですが・・・。

サントリーホール、開館20周年の老朽化もあり、

4/2から半年、お色直し工事休館に入るそうです。

その前に、4/1「サントリーホールで遊ぼう!」という

自由にホールを見学したり

舞台にあがって写真を撮ったりできる

無料スペシャルイベントが、朝10:00から夕方16:15まであるそうです。

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/070401.html

アークヒルズの桜まつりも見ごろという事で

足をのばしていってみたいなぁ~♪

せせらぎつながり♪富士宮~三島♪

3月後半のクレシェ&小坂真智子情報♪

3月25日(日)は、富士宮の新しくできた大鳥居の袂 

富士山せせらぎ広場で

「富士宮せせらぎ商業祭」のステージに出演♪

急遽決まったので、残念(--)スケジュールには載ってな~い!(.> 0 <)

http://www.at-s.com/bin/tnc/event/e0040.asp?no=K594222614

ですが10:30~の「まぐろの解体ショー」前ときいてます。

地元富士宮では久しぶりのステージです♪ご期待ください!!

まぐろ解体ショーって?ショーですよぉ!!

鳥羽一郎の曲とかBGMなのかな?

さばいたマグロはプレゼントだそうです。

やきそば娘をみて、マグロをお持ち帰りくださいね(^^)

そして

3月26日(月)は

三島市本町の静岡銀行前にて

新しく出来た「めぐみの子」の除幕式にて

歌を披露します。11:00~式典です♪

めぐみの子とは

三島の観光名所のひとつで、白滝公園前にあり

おいしい富士山の水をくみ上げる、からくり人形なんです。

「どっこいしょどっこいしょ・・・」って、かわいいんです。

http://www.city.mishima.shizuoka.jp/kakukaHP_system_kanrika/amenity/shizenkankyo/koen/koen.htm

(三島市のHPより)

クレシェ&小坂真智子の三島物語には

「めぐみの子」が歌詞にでてきます。

三島図書館に寄贈されてて聞けるようになってます♪

富士宮も三島も富士山のめぐみを存分に受けた

住みやすい、いい所です!

上原ひろみ Live in アクト レポート♪

今をときめく、ピアニスト

上原ひろみさんのASIAツアーin 浜松に行ってきました。

なんと!下手側前から2列目(@@)

ものすごい至近距離で楽しめてしまいました~~

浜松はホームグラウンドと言うことで、

「こんばんは」ではなく、「ただいま~」

いつもニコニコ、かわいいHiromiさん。

喋り声も、話もかわいい~

テレビで以前「トップランナー」で見たときは、

アーティスト・・という近寄りがたい感じの印象だったのに、

生Hiromiは全然違いました。

そして、本題の音楽はCDより断然生音生姿ライブ!!!

ものすごいテクニックとハートに感動しました。

スキルとエモーションが見事に合体してます。

今年は、サンタナ、ドゥービー ジェフベック ビリージョエルなど、

大御所のおじ様のステージを見ることが多かったので、

今日は若い女性ということで、とても新鮮な刺激を頂きました

トリオでのステージはシンプルな分、

プレーヤーの縦横無尽なパワーが炸裂

ジャズというよりプログレ色が強く感じられ

本人いわく、ジャンルにしばられない

自分のやりたいことをピアノにすべてのせていて、

ここまで出し切ってやってくれると、きもちいい~って感じです。

オリジナルはすばらしい!!

より以前の記事一覧